事業を行う上で必要な許認可を調査し、取得の申請を代行致します。許認可の申請から管理をしてほしい方はこちらのサービスです。

許認可申請代行イメージ写真

許認可取得のメリット

対外的な信用度向上し、新規取引の可能性向上~売り上げ拡大への期待、金融機関からの評価向上~融資枠、金利の優位性、取得活動を通じて企業基盤の強化を実現することが出来ます。

主な許認可事業の例

宗教法人一般・産業廃棄物処理業理美容店
警備業労働者派遣業運転代行業
病院・診療所・助産所学校・幼稚園・保育施設解体工事業
質店職業紹介業探偵業
建設業貨物運送業・旅客運送業貸金業
飲食店・喫茶店風俗営業倉庫業
マッサージ(業)食品製造・販売興行場運営業
介護事業宅地建物取引業クリーニング業
電気工事業宿泊施設(民泊含む)有料駐車場
採石・砂利採取医療機器販売ペットショップ
旅行業・旅行代理店自動車分解整備業薬局・医薬品販売
酒の製造・販売・卸中古品販売=古物商

※行政書士がお手伝いできない資格も含まれています。

許認可事業の大前提

  • 取得のためには細かな要件が定められており、作成する書類、添付資料は膨大になります。
  • 書類や報告には「期限」があり、一日でも遅れると許可取り消しなどになる場合があります。
  • 毎年の定期報告や数年ごとに更新作業があります。
  • 欠格要件があり、欠格事項に認該当すると営業停止や許可取り消しになる場合があります。
  • 代表者や届出者・登録者・有資格者が変わった時には必ず届け出が必要です。

許認可事業の注意点

複数の許認可を保有している企業では、許認可事業ごとに判定基準が異なる場合が多いため、変更届や定期報告などが漏れたり、遅れたり、間違った報告をしてしまいがちです。
特に合併や分割、事業譲渡による承継の際には原則として取り直しになることが多いので注意が必要です。 更には後継者に自動的に承継できない許認可の場合、しかるべき対策をしていない場合は瞬時に許認可を失ってしまい、事業存続が危うくなる可能性があります。あなたの会社に特別な問題が発生した場合であっても、特例や例外、情状酌量はないと思ってご準備することをおすすめします。

事業継続のための承継対策、後継者対策は専門家に相談して早めに行動開始

特に許認可事業の場合には「代表者が亡くなった」の後では手遅れのケースがあります。事業承継期間には長期間かかるのが常でありますので、今働いている従業員の将来のためにも「早めに対策すること」が大変重要です。

現在保有している許認可が万一の場合には継続できるのか、継続できる条件や方法はあるのかなどを早急に慎重に検討を進めることをおすすめします。

期間と料金

標準期間1ヶ月~3ヶ月
料金別途お打ち合わせの上決定