新しい学びのプログラムのライセンスを取得しました。


この2日間、全国各地の様々なお仕事をしている方々とお会いでき、カーボンニュートラルを実現するためにいろいろとお話したことが最大の収穫だったかもしれません。

プロジェクトデザインの竹田さんには大変お世話になりました。ありがとうございました。


我がマチいわき市で昨年秋にカーボンニュートラル宣言を表明し、同時に環境省ゼロカーボンシティ宣言を表明したことが私の受講動機の一つです。

いわき市カーボンニュートラル宣言

環境省ゼロカーボンシティ宣言


この新しい学びのスタイルの実施を通じて、福島県に正しい知識や考え方を広め、カーボンニュートラルの実現を一緒に進めていけたらうれしいです。

  1. カーボンニュートラル実現の難しさは、どこにあるのか?
  2. そのために、わたしたちは何を考えどう行動するか?
  3. 現実世界で実現するためには?
  4. カーボンニュートラル達成に向けた共創


2日目後半には環境省近畿地方環境事務所の福嶋環境対策課長兼脱炭素室長の「2050カーボンニュートラルのリアル」の講話と意見交換の場もあり、最新の科学的知見、国の支援策、ロードマップも具体的に知ることができました。

環境省近畿地方環境事務所
福嶋慶三さんのご紹介(神戸新聞NEXT)

とても気さくな方でした。
福嶋さんも公認ファシリテーターのライセンス保有者とのことです。

  • 「地球温暖化対策を日本の成長戦略へ」
  • 「経済と環境の好循環を生み出す」
  • 「脱炭素は成長のエンジン」
  • 「新しい資本主義実行計画=GX(グリーン・トランスフォーメーション)及びDX(デジタル・トランスフォーメーション)への投資促進」

今後のロードマップや起きるであろう未来予測には、市民、中小企業が真剣に受け止めるべき内容がたくさんありました。
帰ったら情報共有の場を作りたいと思います。


一緒に受講した皆様とはこれからもいろいろと情報交換などできたらと思います。


※リアル 河野 小夜子 さんに会うことができました😊

2050カーボンニュートラルカードゲーム

プロジェクトデザイン(運営会社)